自分の体型のタイプについて

トリプルバーン痩身法の前に、まずご自分がどのようなタイプなのか考えてみましょう…

 

内臓脂肪型 外見からもすぐわかる、内臓に脂肪がついて太っている
「りんご型肥満」ともいわれるタイプです。
・丸顔の顔形で、太ると顎のたるみが目立ち、2重顎になりやすい
・太るとお腹がポッコリ出てしまい、見た目でもすぐわかる

*ご飯、パン、麺類などの炭水化物の摂取が多い人
*揚げ物や味の濃い食べ物を好む人
*アルコールの摂取量が多い人
*お菓子などの糖分を多く摂取する人
*あまり噛んで食べない人
*たばこを吸う人
*運動不足の人
などが多く、メタボリックシンドロームの原因となる危険な肥満でもあります。
下半身太り型 上半身は普通なんだけど、お尻から太ももあたりの肉がどうしても落ちない
「洋なし型肥満」ともいわれるタイプです。
・皮膚の下に脂肪がつく「皮下脂肪型肥満」であることが多い
・下腹部、腰のまわり、太もも、おしりの皮下に脂肪が蓄積する

*脂質類をよく摂取する人
*揚げ物などの油っこい物が好きな人
*間食が多い人
*ストレスが原因で大食いしたりする人
などが多く、内臓脂肪に比べると危険性は減少しますが、代謝が悪いため
脂肪が分解されにくい性質を持っています。
マッサージで血行を促すと同時に、運動と食事制限を続ければ
徐々に効果が現れます。
隠れ肥満型 見た目はほっそりしているのだが、実は肥満体形であるというタイプです。
検査しないと中々わかりにくいタイプでもあります。

見た目には太ってはいませんが、体内の脂肪組織の割合は多く、
実は「内臓脂肪型」の予備軍で要注意の場合も多いそうです。
過度のダイエットや運動不足を繰り返すと、筋肉量が減って体脂肪が
増えてしまう事もあるそうです。

 

このように、まずはご自分の体型や肥満のタイプをよく見極め分析して、
その人に一番適したダイエットプランを立てる必要があります。

エステティック ミスパリ